ブログ - れんげの会

東京都大田区西馬込

BLOG

絆御飯。

フードパントリーの絆御飯。

いつもは火曜日開催ですが調理室が予約できず

はじめて土曜日の開催に~

参加の皆さま、休日の忙しい中をいらして頂き

ありがとうございます!!

ボランティアさんもお疲れ様でした~☺


大量の備品。

また、いつものように子ども食堂の開催前に

大量の荷物が届きます~

お弁当の容器やいろいろと消耗品など。

アスクルさん、いつも玄関先まで配達してくれてありがとう☺

ハイ、ひとりで外で段ボール箱を開けて荷物を出して。。

寒い~~ョ😢

子ども食堂。

「子ども食堂」と名付けた人、日本一?有名な子ども食堂だんだん。

夕方、お店の前を通ったら近藤さんが忙しそうに

取りに来たお母さん達にお弁当と食材を渡していました。

あ~、頑張ってるね、

だんだんの子ども食堂のボランティアさん達も

一人ひとり、取りに来た人に食料を渡していました。

同じ子ども食堂を運営している同士、近藤さんの頑張っている姿に

感動。

めちゃくちゃ元気を頂きました☺

4日の絆御飯、頑張ります!

ボランティアさんは宝物。

私達の子ども食堂は6団体ですので常に週末は

子ども食堂を開催しています。

ボランティアさんの中でも月1回活動する人、

月3回も子ども食堂をお手伝いをしてくださるボランティアさんも

いらっしゃいます。

皆さん、お仕事をしながらのボランティア活動。

週末は子ども食堂に目一杯、貴重な休日を使って

朝早くからお手伝いをしてくださる~☺

ボランティアさんは宝物、

大切な仲間です!!

 

食材。

地域の皆さまからの寄付の食材を頂きに

大田区社会福祉協議会に行ってきました。

大田区で子ども食堂を運営しているボランティアさんが

沢山集まっています。

個々に食材を選んでコンテナに詰めていきます。

子ども食堂をする人が増えて毎回、

新しい顔ぶれにいつも驚きです。

でも子ども食堂を立ち上げてもやめてしまう子ども食堂も多い。

現実は厳しい。

値上げラッシュ!

食材を大量に注文して子ども食堂で配布したり

調理したりするので食材の値上げは痛い。

ひとり親、子育てのご家庭、単身者の経済的にお困りの皆さまは増える一方です。

子ども食堂=困窮家庭支援になっているこの現状。。

子ども食堂を続けていくのはけっこう大変です💦

いつまでもあると思うな子ども食堂。

絆俱楽部。

絆俱楽部・無料塾の先生ボランティアさんは

子ども達の心に寄り添って常に思いやりの心で一人ひとり

丁寧に勉強を教えてくれます。

子ども達が目をキラキラして先生ボランティアさんと

楽しく勉強をしています~☺

本当に第三の居場所になっていて

とても大切な活動だと思います!

配布。

ひとり親支援の絆カフェ。

お弁当と食材をお渡ししました☺

絆カフェも定員オーバーの為、新規の方を募集出来ないのが

心苦しいです。

絆カフェでランチのたらこスパゲッティを食べていた子どもが

美味しい~♡とにっこり~

カフェ担当のボランティアさんも

とても嬉しそうでした☺

段ボール。

子ども食堂を運営するにあたりいろいろと

備品を購入する為、すぐに段ボールがいっぱいになります。

とくに子ども食堂開催日の2~3日前から大量の荷物が届きますので

外で一人で寒さの中、段ボールを開けて荷物を出していると

おもわず、「寒い!!」と叫びながら自分自身に

カツを入れてます☺

段ボールの紙で指先から血がでて痛い😢。。

気合を入れて頑張ります~♡

トホホ。

備蓄米。

今日、政府の備蓄米150㎏届きました。

週末の子ども食堂の配布用です。

一か月だいたい120㎏のお米は配布用として無くなり

寄付で頂いたお米でお弁当と食事のご飯を炊いて10㎏のお米は

使うので私達の子ども食堂でのお米は

毎月130㎏必要です。

ありがたい事に寄付して下さる方が毎月いらっしゃるので

本当に助かります☺

子ども食堂は皆さまの善意で成り立っています。

寄付をしてくださる皆さま、心より深く感謝しております。